平和そして未来へ

平和そして未来へ

トップページで見たあのインパクトのあるスライドの画像は今年の2月に行われた長野灯明まつりの「ゆめ灯り絵展」で入選した作品です。テーマは「平和」です。私は、平和という言葉から連想させる風景として笑顔が飛び交う「遊園地」のイラストを4面に切り絵で入れてみました。

正面を堂々と飾るのは、このサイトでも紹介しますが、遊園地の王子様ということでオリジナルにデザインした「プリンス・サンシャイン」です。彼の王冠には平和の象徴であるハトが大きく羽を広げ、灯篭をぐるりと囲むように遊園地で楽しく遊ぶ人々を見守っています。

この作品で最大の見どころは、2面がセットになって1枚の絵になる背面のイラストです。中央にはど~んと観覧車が佇んでいるインパクトのあるデザインです。(制作期間は3ヶ月、1枚は下書きから含めて3週間ぐらいで完成しました。サイズはB4です。)

正面:プリンス・サンシャイン正面から見て右側:メリーゴーランド
正面から見て右側:観覧車A背面:観覧車B

灯明まつりの期間中に展示されていた風景。(17:00~21:00)

※ゆめ灯篭は、中央通りを歩行者天国にしてからの展示なので、開催期間中も日中は見られませんでした。私は、自分の作品が入賞したことを知ったので、家族と一緒に昼間に見に行きましたが、ゆめ灯篭は1つもなく、バスの運転手さんに聞いてこのことを知りました。ただし、長野駅前の夢大灯篭は見ることができました。

このゆめ灯り絵展ですが、作品の投稿受付11月頃から公式サイトで始まり、1月中旬頃を目途に完成させるので、時間に余裕のある方はこの時が参加のチャンスです。予算は1000円の入金で画材一式セットでエントリーできますので、今回も公募で沢山の作品が集まり、投稿の対象は100基近くありました。

ここで入選した作品は、その年の1年間は中央通り左右に設置されている春日灯篭の内部に飾られ、街の灯りとしても平和の灯を照らすことを約束されます。

※私の切り絵が入った灯篭は、もんぜんプラザの付近にありました。でも、イラストの配置がちょっと違う……。

ぎんけいへ
←ぎんけいへ
プロフィールへ
プロフィールへ→